「自己組織化」を促すビジネスデザイン

 

ツクルバ中村真広×コトラボ岡部友彦(2)

対話は、それぞれの取り組みに回帰します。まずは、ツクルバの中村さんから。ツクルバは急成長を遂げ、ベンチャー企業の雄として注目されている企業ですが、そのツクルバはビジネスと社会の境界線をどのように踏み越えようとしているのでしょうか?

co-ba

中村

創業して最初に始めたのがco-baというコーワーキングスペースでした。2011年12月にco-ba渋谷をオープンし、それから全国展開をして、今でようやく18か所になりました。

各地のオーナーさんと一緒に場づくりをしていくっていうことをこのco-baでやってきたんですね。そのネットワークが価値を持ち始めていて。各地のco-baを使っていた利用者が、東京に出ても使える場所がある。それが特に地方の人にありがたがられていますね。

岡部

都会に出てきたときにね。居場所がある

中村真広

株式会社ツクルバ代表取締役CCO(チーフクリエイティブオフィサー)。
1984年千葉県生まれ。
東京工業大学大学院建築学専攻修了。200年株式会社コスモスイニシア入社。その後、ミュージアムデザイン業界を経て、2011年株式会社ツクルバを村上と共同創業。実空間・情報空間を横断した事業プロデュースを通じて、枠組みのデザインを行っている。

コーワーキングスペース

フリーランサーやベンチャー企業向けの新たなオフィス空間として重要な選択肢になりつつある。事務所スペースの提供のみならず、ゆるやかに価値観を共有する参加者同士の交流や懇親などのコミュニケーションのへの配慮が行われる場合が多い。

ローカライズとネットワークの相乗

中村

東京の人が海士町に行くとか一部はありますよね。ただ、絶対数は多くない。逆は結構あるわけですよね。地方から都市へ。

だから、ローカライズとネットワークっていうのをキーコンセプトにしていて。各地のco-baはご当地のデザイナーと一緒につくっていってもらうんですよ。

ツクルバ自体は東京だったら直接やりますくらいでしかないんですよね。多くのco-baはもう各地の人が勝手にco-baのデザイン言語を読み替えてつくっていますね。

こういう風にco-baを解釈してデザインしてくれたんだなとか、各地のデザインには読み替えがある。だから、こちらにも発見があるんですよね。それも自分たちの楽しみになってきています。

海士町

島根県隠岐郡の離島。特産品の開発から教育改革までまちぐるみで取り組み、多大な成果を上げる。10年間で400人の移住者を生み、移住者と共に町の再生に取り組んでいることにも特徴がある。地域再生の最成功事例の一つとして常に注目される。

この記事は購読会員限定の先行閲覧期間中です。
さらなる変化をつなぐことを目的に、記事公開から45日後にはすべての記事を一般公開させて頂いています。

購読会員になると、
続きをお読みいただけます。

新規登録

すでに会員の方は、
以下にパスワードをご入力ください。

Tetsuo Kato

アジア及び日本におけるベンチャー企業および非営利組織の事業開発に携わり、計27社の事業開発及び変革を支援。2011年、東日本大震災を契機にWorld In Asiaを立ち上げ、以降、東北、日本、アジアでの「社会的投資」を手がけてきた。AERA「アジアで勝つ日本人100人」に選定。著書に「辺境から世界を変える」(ダイヤモンド社 2011年)

関連記事

  1. 地域のアセットが地域の課題を解決する

  2. 入場券としての資本

  3. 経済価値と文化的価値のギャップを埋められたら。アート市場の革新を目指す起業家 原麻由美(前編)

  4. 経済価値と文化的価値のギャップを埋められたら。アート市場の革新を目指す起業家 原麻由美 (後編)

  5. 場を軸に社会課題を解決する「活動家」でありたかった

  6. 地域のアセットを循環させるには?―実空間のデザインから情報空間の編集への転換

Hot Articles

Special Thanks

Suguru Ikuta, Tsukasa Sawaguchi, Saori Hasimoto, Nanae Hirohata, Jiro Atsuta, Junichiro Yuki, Keiko Kiyama

PAGE TOP