地域のアセットが地域の課題を解決する

 

ツクルバ中村真広×コトラボ岡部友彦(3)

ツクルバ中村さんから自己組織化というキーワードが飛び出す一方で、コトラボ岡部さんは日本三大ドヤ街とも呼ばれる寿町での自身の経験を語りはじめます。寿でチャリティをやるという選択はできなかったと語るコトラボ岡部さんが見た景色はどのようなものだったのでしょうか?

東大の建築を出て、ドヤ街に住み着いた変なやつでしかなった

岡部

僕が寿に関わりはじめたのは2004年くらいから。僕も建築出身なんですけど、大学院で都市論をやってる研究室に所属していて、建物を設計するよりも都市や地域の活動を俯瞰して見ていくことに関心を持つようになってしまったんですね。そんな中で横浜の寿町っていう日雇い労働者の町に出会って。

寿町は日本三大ドヤ街とも言われたりしますが、横浜の中心部にあるんです。
寿町って聞くと「危ない、怖い」という人達がいますが、大体の人が人から聞いただけで、来たこともない人。現状は下町のようなおっちゃん達がたくさん住んでいる地域。なんか人情味がある。困っている人がいると、迷っている旅行者なんかを案内してくれたり。
そんな中でイメージのギャップを埋めるために何かできないかって考えていた時に、空き部屋に注目したんですね。簡易宿泊所、日雇い労働者向けの宿がずいぶんと空いてしまっていた。決してアクセスが悪いわけではないのに、空き部屋が多い。

そこの空き家を何とかしたいっていう建物所有者からの相談があって、そこから、まち全体の空き部屋をつなぎ合わせてひとつの宿のイメージをつくってまちの印象も変えつつ事業をつくっていこうとしたんですね。それが、横浜ホステルビレッジを始めたきっかけだったんでした。

ホステル

中村

道なき道ですよね。岡部さんの周りでもなかなか共感する人は少なかった?

岡部

もちろん。絶対やめろとか、お前は間違っているとか。

岡部友彦

株式会社ツクルバ代表取締役CCO(チーフクリエイティブオフィサー)。
1977年 神奈川県生まれ。東京大学大学院建築学修了。コトラボ合同会社代表。2004年から横浜寿町を拠点にヨコハマホステルヴィレッジなど地域活性化プロジェクトを行っている。”モノ”づくりではなく、”コト”づくりからまちづくりに取り組むかたちで、街のイメージチェンジを行うのとともに、街の資源を活用し、新たな産業を創る取り組みを行っている。

この記事は購読会員限定の先行閲覧期間中です。
さらなる変化をつなぐことを目的に、記事公開から45日後にはすべての記事を一般公開させて頂いています。

購読会員になると、
続きをお読みいただけます。

新規登録

すでに会員の方は、
以下にパスワードをご入力ください。

Tetsuo Kato

アジア及び日本におけるベンチャー企業および非営利組織の事業開発に携わり、計27社の事業開発及び変革を支援。2011年、東日本大震災を契機にWorld In Asiaを立ち上げ、以降、東北、日本、アジアでの「社会的投資」を手がけてきた。AERA「アジアで勝つ日本人100人」に選定。著書に「辺境から世界を変える」(ダイヤモンド社 2011年)

関連記事

  1. 地域のアセットを循環させるには?―実空間のデザインから情報空間の編集への転換

  2. 「自己組織化」を促すビジネスデザイン

  3. 経済価値と文化的価値のギャップを埋められたら。アート市場の革新を目指す起業家 原麻由美(前編)

  4. 経済価値と文化的価値のギャップを埋められたら。アート市場の革新を目指す起業家 原麻由美 (後編)

  5. 場を軸に社会課題を解決する「活動家」でありたかった

  6. 入場券としての資本

Hot Articles

Special Thanks

Suguru Ikuta, Tsukasa Sawaguchi, Saori Hasimoto, Nanae Hirohata, Jiro Atsuta, Junichiro Yuki, Keiko Kiyama

PAGE TOP